2016年01月28日

「ひとり親のための子どもにかかる教育費と支援策」セミナー実施します(3/6 奈良)

3月6日に「ひとり親のための子どもにかかる教育費と支援策」セミナーを実施します。
これは、「平成27年度奈良市ひとり親家庭等生活支援者講習会・情報交換事業」として、「NPO法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西」さんが実施するものです。

奈良は、私も4年間学生生活を過ごした町です。とても懐かしく、今から楽しみにしています。
シングルの方、日々大変なことも多いと思います。
少しでもお役に立てるように準備してまいりますので、ご参加お待ちしています。

チラシはこちら↓(クリックで拡大します)
nara.jpg
posted by yuki-fp at 16:58| セミナー

「かしこいお金の貯め方・増やし方セミナー」実施しました(1/9)

1月9日、貝塚市で「かしこいお金の貯め方・増やし方セミナー」を実施しました。

「20代〜30代働き女子のよくばり★女子会」の中の1回を担当させていただきました。
昨年も「女性のためのハッピーライフ&マネープラン」を貝塚市でセミナーを行い、2年連続で呼んでいただき、とても嬉しかったです。

kaiduka.jpg

今回は、お金の貯め方、増やし方ということで、
・今の20代〜30代女子のお金の使い方の平均データをみて
・貯めるためにどうすれば、いいか…
 (先取り貯蓄、固定費の見直し、消費・浪費・投資……)
・増やすために…
 (投資の考え方、投資信託など金融商品、確定拠出年金、NISA、ポートフォリオ……)
と、内容てんこ盛りでご紹介しました。

後半は、お茶をいただきながらの座談会形式質問タイム。
色々な質問がありましたが、和気あいあいと楽しい時間でした。
貝塚市では、次回はママさん向けのセミナーも予定されています。
またまたお世話になります!

【受講者の感想】
■大変勉強になりました。投資信託等、これまで踏み込めて いなかった“増やす”という内容の話を聞くことができ、将来的に考えて検討していきたい。
 親が始めている株についても、確認してみようと思いました。そして、まずは1週間の消費内容を記載していこうと思います。

■今までざっくりとしか考えていなかった日常の金銭管理について見直すきっかけになり、とても勉強になりました。
 また、少し興味のあった投資についてもわかりやすく講義していただいたので、とてもよかったです。

■とてもとても勉強になりました。投資信託、個人型確定拠出年金を始めたいなと思います。また、皆とお金にまつわるお話を突っ込んでできたのがとても良かったです。
 ありがとうございました。

■投資信託など、気になっていたけどよくわからないことの話をきくことが出来てとても勉強になりました。
 まずは自分の収支の把握から始めたいと思います。
posted by yuki-fp at 16:33| セミナー

2016年01月07日

2016年もどうぞよろしくお願いいたします

2005年から活動を開始したマネーラボ関西も今年で11周年を迎えることになります。
営業活動を全く行っていないにも関わらず、HPなどを通じてお問合せをいただきたくさんのご縁をいただいていますここと、心から感謝いたします。

10年を一区切りとしますと、11周年を迎えるマネーラボ関西は、新たなステージにたつことになります。もちろん、私たちも年齢を重ねているわけですから、この年齢にあわせた目線での発信を続けていきたいと思っています。

今年、絶対にやりたいと思っていることがあります! それは「着付け」。
この年齢でこの体形には和服がベストだということがわかりましたので、それこそ50の手習いをしてみたいと思います。いつかは、着物でセミナーなんかもできたらいいな・・・
ということで「有言実行」するために、まずは「宣言」してみました。
(この宣言が、全く仕事に関係ないということはスルーしてください!
 もちろん、お仕事のほうもいろいろ考えています。一応……)

ということで、本年も変わりませず、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by yuki-fp at 18:13| 日記

兵庫県金融広報委員会、生活科学総合センター主催「くらしとお金のこと」セミナー(金銭教育)ご報告(12/3)

2015年12月3日、兵庫県金融広報委員会、生活科学総合センター主催の「くらしとお金のこと」セミナーを実施しました。
hyogo1.jpghyogo2.jpg
暮らしに身近なお金の話を…ということで企画されたこのセミナー。当日は兵庫県の中学生の就学体験「とらいやるウィーク」が実施されており、その中学生が何人か参加するとのこと。これは異世代交流はもちろん金銭教育を考えていく良い機会ということになりました。

お金とは?ということを考えると同時に、お金の使い方について(支出のコントロールや貯める仕組み)はもちろん、中学生に知っておいてほしいクレジットカードやローン、奨学金についても紹介しました。

前半はこれらの講義とし、後半は異世代交流としてグループワークをしました。それぞれのお金の使い方を消費、浪費、投資とわけてみたり、生活設計をするうえでどちらを選ぶ?といった人生シミュレーションをしました。それぞれに完全な正解があるわけではありませんが、世代によって考え方の違いなどがあり、かなり有意義な話し合いができたのではないかと思います。

今後も続けていきたい金銭教育について、かなりよい感触を得ることができたと思います

このような機会を与えてくださった、兵庫県金融広報委員会、生活科学総合センター様にはもちろん、参加してくださった中学生にも感謝したいと思います。ありがとうございました。

【中学生からの感想】
・学校の授業では習わないことを学べて本当によかったです、また、色々な世代の人たちと話し合うことで、さまざまな意見が聞けました。なかには難しい言葉があったけれど、それもふくめてとても貴重な意見だと思いました。

・いろいろな年代の人と話し合って、年代ごとに意見や考え方がちがっていてとても面白かったです。いつか社会人になった時に、お金のことで困らないように、こういう講座に参加できてよかったです。

・いろんな年齢の方とお話しをして他の人と話すことでその人の考え方についてわかりました。自分の意見をしっかり持って、それを他の人に言うことができました。借金のことやリボ払いについて話を聞いて、いろいろなことを知ったので借金やリボ払いはしないようにしようと思いました。

・この講座では少しわからないこともありました。その時にグループの人が教えてくれたり、先生のわかりやすい説明があったので理解できました。今の自分の判断で、消費、投資、浪費を考えることができました。

・この講座を受けて、お金の使い方などをよく知ることができました。ローンのこととかも全くわからなかったけど、この講座でどういうものなのかを知ることができました。最後の話し合いも色々な人の意見がきけて楽しかったです。

・この講座と消費、投資、浪費のふりわけをして、このものは生きていくために必要な物とかを考えれて発見できたのでよかったです。いろんな世代の人とコミュニケーションをとれていろんな意見を聞けたので楽しかったです。
posted by yuki-fp at 17:56| Comment(0) | セミナー

2016年01月06日

「週刊現代12月26日号」に「遺族年金」についてコメントが載りました

週刊現代12月26日号に、取材記事が載りました。
1201937184_main_l.JPG
遺族年金についてです。働いている人が亡くなった時、遺族に対して支給される遺族年金。
亡くなった方、遺族の状況によってもらえる年金が変わってきます。このあたりを取材され記事になっています。
posted by yuki-fp at 00:00| Comment(0) | メディア